火星シナストリーの反対側の金星:関係と友情の説明

火星シナストリーの反対側の金星


シナストリーでは、火星の反対側の金星は複雑な側面です。

ほとんどの金星と火星の組み合わせのように、それは魅力と化学を生み出すことができます。一方で、ナビゲートするのが難しい競合を引き起こす可能性もあります。


金星と火星は、人間関係に関して最も重要な2つの惑星です。

火星は関係における積極的な役割を支配し、金星は受容的な役割を支配します。

反対は極性を表します。これらの極性は、2つの惑星が目を合わせて見ることができないという活発な不一致につながる可能性があります。



一方で、バランスをとることもできます。このため、反対派は適切な状況下で役立つ可能性があります。


目次

  • 1シナストリーの火星の反対側の金星
  • 2男性の金星と女性の火星の関係
  • 3女性の金星と男性の火星の関係
  • 友情の火星の反対側の4つの金星
  • 5金星がシナストリーの火星の反対側にあるかどうかを見分ける方法

シナストリーの火星の反対側の金星

シナストリーで火星の反対側にある金星は、役立つ側面になる可能性があります。また、かなり面倒なこともあります。


この側面では、一方の人の受容エネルギーは、もう一方のアクティブエネルギーの反対になります。

ロマンチックな関係では、これは物理化学を作成することができ、実際に作成します。一方で、誤解や困難を引き起こす可能性もあります。

金星と火星が支配する標識は互いに反対です。この側面がこれらの惑星が支配する兆候に形成される場合、それはその性質と影響を彩ります。

金星が牡羊座またはさそり座にあり、火星がてんびん座またはおうし座にある場合、両方の惑星は弱くなります。


一方、相互受信と呼ばれる特別な関係を形成します。

これは、2人の間に強い相互依存の絆を築くのに非常に役立ちます。

金星がおうし座またはてんびん座にあり、火星が牡羊座またはさそり座にある場合、両方の惑星は非常に強力になります。これにより、この側面のプラスとマイナスの両方の影響が強まります。

二人の間の相性は非常に強いでしょうが、極性と対立の可能性もそうです。

この側面の性質は、お互いのチャートにおける火星と金星の家の位置によっても決定されます。

見る:

男性の金星と女性の火星の関係

男性の金星が女性の火星の反対側に与える影響は、関係する兆候や火星と金星の間の側面によって大きく異なります。

基本的なレベルでは、彼女が主導権を握るとき、彼女は彼が感謝するかもしれない方法でそうしますが、それはまた対立を引き起こす可能性があります。

彼は彼女の強さを魅力的に感じるでしょうが、彼が彼の気持ちにリラックスするのは難しいでしょう。

彼らはこの困難は性別についての彼らの信念によるものだと思うかもしれませんが、それははるかに個人的なものです。

彼女の活発な性格は彼の受容的な側面の反対です。これはバランスを生み出し、成長を促進することができます。

一方で、不快感を与えることもあります。

男性の火星関係の反対側にある女性の金星

この組み合わせは、性別が逆転する状況に似ていますが、カップルが伝統的な性別の役割を採用しようとすると明らかになります。

彼が主導権を握ると彼女はそれを魅力的に感じるでしょうが、それはまた不快感を引き起こします。

この構成は、ステレオタイプの性差を強調し、それらを誇張しています。

これは、このカップルが彼らの違いを理解し、それらに対処する上で多くの外部のサポートを持っていることを意味します。

彼の金星と彼女の火星の間に何らかの側面があるかどうかを確認することが重要になります。夫婦が役割の逆転を交渉する方が快適かもしれません。

一方、この側面は不快な場合がありますが、それらの違いは、成長と成熟の両方に役立ちます。

友情の火星の反対側の金星

金星と火星の組み合わせは、ロマンチックな関係の象徴的な側面です。しかし、反対派は親密な友情にも役立ちます。

ある人の金星が他の人の火星の反対側にある友情は、非常に近くなる傾向があります。

これは、彼らがお互いの信頼できる親友となる友情です。

彼らはお互いをサポートし、アドバイスすることができます。

金星が関与している友人は、彼らの友人が怒っているか衝動的に感じているときに理性の声になります。

火星が関わっている友人は、ロマンチックな関係になると、友人が物事をはっきりと見るのを助けます。

金星がシナストリーの火星の反対側にあるかどうかを見分ける方法

各記号には反対の記号があります。下の画像は、干支の反対のペアを示しています。

Synastryの星座による反対

ある人の金星が他の火星の反対側の標識にある場合、この側面のヒントが存在します。

アスペクトがどれほど強いかを判断するには、各惑星がどの程度あるかを調べます。

金星と火星の間の側面を見ると、オーブ、つまり許容誤差は7度です。

アスペクトが適切な兆候でオーブ内にある場合、反対派は全力を尽くしています。このオーブ内では、アスペクトがある程度近くなるほど強くなります。

一方の惑星が標識の最初にあり、もう一方の惑星が最後にある場合、それらが正しい標識になくても、惑星は反対のオーブ内にある可能性があります。

これはクロスサインアスペクトとして知られており、非常に弱いです。

金星と火星の衝の場合、これは二人の間の奇妙で驚くべき魅力として現れます。

彼らは共通点がないと思うでしょうが、それでも彼らはどちらかが予想するよりも深いレベルで互いにつながることができます。

結論

火星の反対側にある金星は、関係、特にロマンチックな関係に非常に複雑な関係をもたらします。

これは不快な関係である可能性がありますが、両方の人が成長し、変化する関係である可能性もあります。

これは友達同士で過ごすのにとても良い面です。それは彼らがお互いに視点と良いアドバイスを与えることを可能にするでしょう。